繰り返すニキビの原因は隠れニキビだった!

AdobeStock_65948538

ニキビが治ったと思ったのにまた別の場所にできたりと繰り返す場合は、隠れニキビが原因の可能性があります。

隠れニキビとは、皮脂線がつまった毛穴のことをさし、目で確認できるタイプと目で確認できないタイプの2種類があります。

目で確認できるタイプの隠れニキビは、毛穴の出口が皮脂でつまって少し盛り上がった状態になっていることがあります。この状態からニキビの原因菌が増え、肌に炎症を起こす赤ニキビのじょうたいになるとセルフケアだけでは対処できなくなるため、専門医の受診が必要になるケースもでてきます。そのため、隠れニキビの段階で対処していたほうが安心です。

 

目に見えないタイプの隠れニキビは、毛穴の中の皮脂線にあります。一見肌がきれいに見える人でも肌の下にある皮脂線が風船のように膨らんでいる場合があり、将来ニキビになる可能性があります。

隠れニキビができる原因には、生活の乱れやストレスがあります。食事の栄養バランスが偏っていたり睡眠不足など生活サイクルが乱れたり、ストレスを溜めていると肌に症状があらわれます。

食事で摂る糖分や脂質が増えることで、身体の中で合成される資質が増えるため、毛穴から出る皮脂量も増えることになります。

睡眠不足やストレスが溜まることで、男性ホルモンが優位になってしまい、皮脂量が増えることになります。ニキビが繰り返す場合には、皮脂の分泌を促すような生活習慣の見直しから始めてみることです。

 

 

コメントを残す