食事療法で痛風の悪化を防ぐ?

AdobeStock_55759117

痛風は 血中の尿酸値が高くなっている疾患ですが、食事療法によって悪化を防ぎ、改善することができます。

まず、痛風を悪化させるプリン体を控えなければなりません。細胞の中には核酸があり、プリン体はその構成成分です。

肉や魚に含まれていますが、特に肝臓に多く含まれ、最も含有率の高い食材が鶏レバーです。一食分の目安量80gの中に、250gのプリン体を含んでいます。

その他、豚や牛のレバー、イサキの白子などに多いため、これらの食材は控えるようにします。カツオやニシン、アジ、牡蠣などの魚介類や、乾燥大豆、干しシイタケのような食品も、プリン体が多いため避けるべきです。

アルコールは尿酸の生成を促進するため、控えるべきです。特にビールは、日本酒の5倍ものプリン体を含みます。

 

一方、アルカリ度が高い食品を積極的に摂ることによって、痛風の症状が緩和します。

アルカリ度の高い食品は、ほうれん草やごぼうなどの野菜、わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類です。

また、ビタミンCには体内に溜まった尿酸を腎臓に運び、排泄を促進する作用があります。

ただし、ビタミンCのサプリメントなどを、摂取目安量を超えて飲むようなことをした場合、尿酸が一度に腎臓に運ばれ、痛風発作を起こすことがあります。

ビタミンCの多い食品は、ブロッコリーや芽キャベツ、果物ではキウイやいちごなどです。それ以外に、牛乳やヨーグルト、コーヒーにも尿酸値を下げる効果があります。

 

 

コメントを残す