ニキビ対策は薬の前に生活習慣改善?

ニキビ薬思春期や大人になってからもニキビができることがあります。原因としてはホルモンバランスの乱れなどによるもの、また血行不良や肌の栄養不足なども肌荒れの原因になり、それがニキビをできやすい環境を整えてしまうこともあります。

また、ニキビを治すためにも、生活習慣が乱れていると、回復が遅くなる傾向もあるため、予防や対策として生活習慣を改善していくことは重要なポイントです。

市販薬のテラコートリル軟膏などを利用して、回復を早める手段もあります。また早く回復させたい場合には、医療機関での治療も有効です。

ですが、回復した場合でも、原因自体が解消されなければ、また再びニキビができてしまうこともあるので、生活を見直して原因を改善していきましょう。

 

不規則な生活や運動不足、睡眠不足、喫煙などは、肌に対してあまりいい影響を与えません。規則正しい生活習慣、適度な運動や睡眠時間を確保して、しっかりと睡眠をとること、またできるだけ喫煙は控えることで、肌の状態をいい状態に保ち、また、ニキビの予防にもつながるでしょう。

また、毛穴の詰まりなどを防ぐために、定期的に洗顔やお風呂に入り、汗や汚れなど毛穴を詰まらせたり、雑菌の繁殖を抑えるためにも、清潔な肌を保てるように心がけることも予防になります。

 

ニキビができてしまった場合には、刺激を与えないようにすることで悪化を防ぐことにもなるでしょう。薬に頼るのもいいですが、自分でもできる範囲で対策をすることで、予防や対策をすることができます。

コメントを残す